第27回口頭弁論期日報告

9月25日
たいへん遅くなりましたが、前回の期日報告を掲載いたします。

<第27回口頭弁論期日傍聴記>
訴訟指揮強く終盤か? 文書提出命令にも意欲
浅田正文:原告、東電福島原発事故避難者
(東電等株主運動、東電株主代表訴訟、等)

 台風13号による強風・大雨の予報が出たため、恒例の東京地裁前の街宣が急遽中止になったが、期日当日(2016-09-08)の朝は風も雨もなく、トラメガはないものの有志が横断幕を掲げ、道行く人にチラシを手渡した。静かなる街宣で期日を迎えた。

 10時30分、定刻通りに開廷。台風の影響かいつもより傍聴者が少なく空席が目立つ。大竹裁判長が、今後の裁判の進行等を述べた後に、原告代理人・被告、補助参加人の代理人からそれでよいかの確認をとり、15分ほどで閉廷した。期日の時間は短かったものの、裁判長の積極的な意欲が表れた進行であった。争点が煮詰まってきた。この裁判の判決は自分が書くのだ、との強い意志を感じた。
 この雰囲気は、3年前の福井地裁・大飯原発運転差止訴訟の終盤で樋口裁判長が毎月のように期日を設定すると共に、(1)裁判所は技術論には関心がない、(2)数回にわたり反論を求めているのに何故反論できないのか、との裁判所と被告関電の厳しいやり取りを思い出させる。樋口裁判長は2014年5月21日、人格権・国富喪失に立脚した上で、過去の地震規模や揺れなどに言及し、「原子炉を運転してはならない」との崇高な判決を下した。この株主代表訴訟もそうあってほしい。以下概要。

1.期日
(1) 前回の期日で事実経過表を裁判所がまとめた。
平成28年(2016年)7月7日付で事実経過表がまとめられた。平成3年10月30日から平成23年3月7日までの57項目・A3判9ページにも及ぶもので、原告らの主張とそれに対する被告ら・補助参加人の認否が対比されてまとめられている。
(2) 被害拡張申立、9兆円超に。
本訴訟は、被告らは東京電力(株)に対し連帯して損害額5兆5045億円を支払えというものだが、その後被害額が増加している。そこで被告に責任の重さを実感してほしいとの考えから、被害額(請求額)を9兆482億1300万円に拡張申立を行なった。被害額は東電自身が発表している「新・総合特別事業計画」2016年3月期決算説明資料から算出。
(3) 文書提出命令申立
政府事故調のヒアリング調書を国(内閣府政策統括官)が管理している。平成28年7月14日に裁判所が命令を出すに当たっての質問事項を国に求め、8月31日に国から意見書(4)が出された。裁判所は更に必要なことがあるか、検討していきたい」とのこと。

2.記者会見
P9080937.jpg
海渡:(1)裁判所が事実経過表を作成し、当事者の事実についての認識を共有できた。主張も煮詰まってきた。これから、双方の主張を整理し、証拠調べに移っていくだろう。
(2)ヒアリング調書に関して、文書提出命令を出すかどうか、個人名などをどうするかを確かめているようで、大詰めを迎えている。原告側としてはインカメラ(*1)でもやむを得ないと考えている。文書提出命令が出ると思う。
河合:マスキングして文書を出すのは供述者の同意があるということ。同意があるならすべて出すべき。また文書があるか無いかも言えない(グローマー拒否)など、専門的な厳しいやり取りがあるようだ。裁判所は本気である。
木村:裁判が始まって5年にもなる。来年3月末には避難者への住宅支援打ち切りの方針が国・福島県から示されるなど生活基盤を奪われた方が路頭に迷う一方で、被告・元東電取締役らはのうのうとしている。早急に結審し、今の裁判長に判断を願いたい。
山崎:原子力規制委員会は九州電力川内原発・四国電力伊方原発の再稼働を本当に公正に審査しているのか?フクシマのような無責任社会から脱する思いも込めて原告としての主張をしている。

3.報告会・勉強会
P9080958.jpg
衆議院第二議員会館で、12:30から甫守弁護士が期日報告を行い、その後勉強会と続いた。勉強会と称して実は映画「太陽の蓋」(*2)の上映会だった。上映後に映画製作者の橘民義さんの話、続いて河合弁護士が橘さんに質問するスタイルで進められた。
橘さんは:
・映画製作の動機は、しっかりと記録に残しておきたかったことである。フクシマ関連で200~300本の映画がつくられているようだが、官邸の中を描いたものはない。劇映画形式で残しておきたかった。
・実在総理が実名で出て来た映画ははじめて。リアリティを求めた。
・事故が大きくなったのは菅総理が失敗したからと言われてきた。検証してそうでないと言いたい。
国会事故調記録、東電TV会議、現場にいた人の証言などをもとに、事実に近いものをつくった。
・石炭の国であるポーランドでも既に上映した。原発をつくることにしていたが現職大臣が迷っていた。英語版などもできている。
河合(まとめ):あの日に日本が持った恐怖と緊張を我々は忘れたのかと言いたい。

次回口頭弁論期日:10月13日(木)10:00~ 103号法廷(開廷時刻に要注意)
次々回      12月15日(木)13:30~ 103号法廷(開廷時刻に要注意)
その次   2017年1月19日(木)10:30~ 103号法廷



(*1)インカメラ:
裁判所が文書提出義務の除外文書であるかどうかを判断するために、所持者に文書を提示させ、裁判官が見分する非公開の手続き。

(*2)映画「太陽の蓋」(チラシから抜粋引用):
真実に肉薄するポリティカルドラマ130分。監督は佐藤太、木村結さんも協力。
東日本大震災~福島原発事故が起きた3月11日からの5日間。原発事故に迫る新聞記者をキーパーソンとし、当時菅直人政権であった官邸内、さらに東京や福島で暮らす市井の人の姿を対比して描く。菅内閣の政治家は全て実名で登場させ、原発事故の経過や対応を事実に沿って丹念に追う。情報が錯そうする中、極限の緊張応対にあった人間ドラマを描き、官邸内部のリアルな様子を浮かび上がらせる。原発と共に生きてきた福島の人々の葛藤、事故発生によって翻弄されるマスコミや東京に暮らす人々を切り取ることで原発と日本人の姿を俯瞰的に捉えている。
<なお、ご参考までに>
「太陽の蓋」の自主上映会費用は、99人以下の観客で1万円/回。
格安! 全国各地で上映会の広まることを願う。
以上

第27回口頭弁論期日報告、感想

9月15日
先週8日は東電株主代表訴訟の第27回の口頭弁論期日でした。
期日後には報告会に続いての恒例の学習会は、映画「太陽の蓋」を上映。
上映後は製作の橘氏と東電株主代表訴訟弁護団長の河合弁護士の対談が行われました。
P9080972.jpg

参加者の感想と、Uplanの三輪さんからの映像を紹介します。



◆M.K.さん(さいたま市)
良い映画(「太陽の蓋」)をありがとうございました。
次回の学習会は、おしどりマコ&ケンさん達ということで、福島でも良かったので楽しみです。

◆T.I.さん(世田谷区)
よくぞ記録し映像にしてくださいました。
官邸内の様子、東電との意思の疎通の不完全さが伝わり、腹が立ち、悔しく、あらためて涙いたしました。
「まだ終わっていない」それは5年後も続いていることに向き合い、生きていくこと。これもあらためて思うところでありました。
この機会をいただき、感謝申し上げます。

◆M.I.さん(北区)
「太陽の蓋」自主上映、地域の友人たちと相談します!
実名で登場した政治家の皆さんがもっとも重く、今もトラウマの中にいるように思えてなりません。
“良心”心が痛む…。解放してあげたい。

◆I.S.さん(横浜市)
「太陽の蓋」を見せていただいて感謝!
私も最後の場面に同感!
お二人の対談に勇気づけられました。


なお、「太陽の蓋」製作の橘さんのインタビュー記事が明日9月16日発売の週刊金曜日(特集シン・ゴジラと核)に掲載されます。
併せてご覧ください。

第27回口頭弁論期日報告

9月8日

本日は第27回目の口頭弁論期日でした。傍聴、報告集会においでくださったみなさま、ありがとうございました。
報告は別途させていただきます。
本日陳述された書面をアップします。
P9080942.jpg
本日提出(陳述)書面 
原告
 ・9月5日付請求の拡張申立書(19)9兆482億1300万円
 ・9月5日付証拠説明書(19)、甲146号証~甲147号証 
被告(勝俣ら代表経験者グループ):なし
被告(武藤ら原子力担当グループ):なし
被告(その他グループ):なし

補助参加人 
 ・8月31日付第19準備書面
        原告ら準備書面(18)への反論
        長期評価公表の客観的な科学的知見の状況他
 ・8月31日付証拠説明書(19)丙117~丙146号証の3


また、この間の文書提出命令の申し立てに関しても掲載します。
(既に掲載済みのものもありますが、再掲いたします)
なお、年度がかわって組織変更があったため、文書所持者、監督官庁が変更しています。

2015年7月24日文書提出命令申立て
2015年12月18日 意見書(1)内閣官房副長官補(文書所持者)
2016年1月8日 意見書(1)内閣官房長官(監督官庁)
2016年2月9日 意見書(2)内閣官房副長官意見書(2)内閣官房長官補
2016年3月18日 原告 意見書(文書提出命令関係)意見書⑴⑵への反論)訂正申立書
2016年5月9日意見書(3)内閣府政策統括官(原子力防災担当)意見書(3)(内閣総理大臣安倍晋三) 
2016年7月14日求意見書(裁判所)
2016年8月31日 意見書(4)内閣総理大臣(監督官庁)

9月8日第27回口頭弁論期日

8月25日

次回の口頭弁論期日と、期日後の学習会についてのご案内します。



9月8日第27回口頭弁論期日

裁判報告・学習会
『福島原発事故』を扱った映画のシークレット上映


160825.jpg

▼チラシ(ドロップボックスからPDFファイルが開きます)
オモテ
ウラ

政府事故調の被告らの調書等についての文書提出命令の申立について、裁判所が再度、文書の所持者、監督官庁へ意見がもとめられました。
所持者らからの回答の締め切りは8月31日となっています。

多くの方に傍聴に来ていただきただき、この訴訟の社会的関心の高さを示すとともに、未だ福島第一原発「事件」の被害は続いていることを裁判所に対してもアピールできればと思います。
周りの方にもお誘いのうえ、ぜひご参加してください。

期日後には報告集会&学習会を予定しています。
今回は、福島第一原発事故直後の数日間を、綿密な取材に基づいて描いた劇映画のシークレット上映会です。
福島第一原発事故から、5年しか経過していないのに、強制的な「帰還」、子どもたちの甲状腺検査の打ち切りの動き、「復興」の掛け声の下、声を上げられない理不尽な状況があります。
放射能による汚染は続いており、福島第一原発の汚染水放出も解決がほど遠いのは誰の目にも明らかではないでしょうか。

上映後は弁護団長の河合弘之弁護士と映画の製作者の橘民義氏との対談を予定しています。
ご期待ください。

この映画を見て、あらためて事故当時の記憶を辿っていただくとともに、東電株主代表訴訟における被告らの責任をあらためて考える機会になればと思っています。


スケジュール
9:30~ 原告によるアピール 台風上陸につき、朝のアピールは中止します。
  東京地裁正面玄関前(霞が関駅A1出口を出て裁判所に向かう通りの前辺り)
  ▼東京地裁
  東京都千代田区霞が関1-1-4
 (地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩3分)
  ▼地図
  http://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/tokyotisai/index.html

10:30~ 第27回口頭弁論期日
       東京地裁103号法廷


12:30~期日後の報告会&学習会『福島原発事故』を扱った映画のシークレット上映
 

※12:00~(予定)衆議院第2議員会館入口で通行証を配布します。

●会場:衆議院第2議員会館多目的会議室(定員:140名)
   (裁判所から地下鉄で1駅)
・映画上映
・対談:橘民義(映画製作)vs 河合弘之(映画監督、東電株主代表訴訟弁護団長)




7月7日期日と津田敏秀さん学習会の感想、動画

7月27日
東京は都知事選挙も終盤。
主要3候補のうち、脱原発政策を掲げているのは鳥越俊太郎さんだけのようです。

たいへん遅くなりましたが、前回の期日の報告と学習会の感想です。


★K.I.さん(品川区)
甫守弁護士のダンス、笑えました。今度、タップリ見せてください。
口頭弁論期日では、もう少しゆっくり話してもらえると良いと思いました。

★Y.K.さん(川口市)
津田先生の言われていることは「科学」に基づくことなのに、政治的に(?)ねじ曲げられていることが、よく理解できました。

★J.S.さん(豊島区)
津田先生の講義を聴きに来ました!!来て良かった!!
頭がパンパン。資料、よーく復習します!!
公開討論(特に山下俊一さん)を。




Uplanさんが録画中継してくださいました。
20160707 UPLAN【地裁前街宣・記者会見】東電株主代表訴訟第26回口頭弁論期日

20160707 UPLAN【裁判報告・学集会】津田敏秀(岡山大学大学院環境学研究科教授)「甲状腺ガンの多発と100ミリシーベルト閾値論」



津田先生の資料 クリックしてください。PDFが開きます。
プロフィール

NoNukes0311

Author:NoNukes0311
東京電力取締役の責任追及する:東電株主代表訴訟の公式ブログです。
裁判の報告や提出書面などをお知らせしています。

▼カンパのお願い
郵便局口座:00140-3-633169 「東電株主代表訴訟」

銀行口座:
[New]城南信用金庫 新橋支店(普通) 4 8 0 7 8 2 「東電株主代表訴訟」
三菱東京UFJ 銀行 多摩センター支店(普通)0229479「東電株主代表訴訟」


フェイスブック:https://www.facebook.com/tepcodaihyososho

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター