7月5日第41回口頭弁論傍聴記

7月17日
前回の口頭弁論期日のご報告です。

 梅雨の戻りなのか、小雨のぱらつく曇天の下、東電株主代表訴訟の第41回目の口頭弁論期日が開かれた。
 今回、傍聴記担当ということで、よく聞こえるよう、いつもの原告席ではなく傍聴席の一番前に座ったが、以前はぎっしり埋まっていた席がなかなか埋まらない。最終的に7割ぐらいにはなったけれど、傍聴者の数が裁判所や東電側へのアピールになることを考えると、やや寂しい。すでに41回にもなる長丁場だし、最近は福島原発刑事訴訟の証人調べなどをにらみながらの淡々とした進行なので仕方がない面もあるが、原告としてはより多くの方に来てもらえるよう考えなければと思った。ただそんな中、いつも熱心に傍聴に来てくださる方々にはほんとに感謝したい気持ちでいっぱいだ。
 また、この席から見ると被告側の弁護士の様子がよくわかる。数えてみると13人で全員男性。いずれも蒸し暑い中、黒っぽい背広、ワイシャツ姿で無表情。翻って原告席を見ると、ほぼ半数が女性で、服装も表情も様々。いやが応でも、被告側のいびつさが目立つ。一体この方たちは、1か月どのくらいの報酬をもらっているのだろう? 東電が払っているとすれば、それって半分は税金!? などとつらつら考えていると、正面の扉が開き、大竹裁判長が入廷、審議が始まった。
 まずは、原告側が求めている福島原発刑事訴訟の記録の送付嘱託の件。大竹裁判長は刑事裁判所に開示資料の全体像を知らせて検討を進めてもらう方が良いとし、原告側はできる範囲で次回期日までに追加の申し立てを出すことになった。この件では、刑事裁判所が「核物質防護の条項に触れる恐れがある」などと言って、なかなか記録を出さない現状があり、今回原告側から、そんなことを考える必要はなく、早く出してほしい旨の上申書を出したところ。刑事裁判所は、傍聴者に対しても4月の公判期日まで、過剰なボディーチェックを行っていた。いったい何を恐れ、守ろうとしているのか、その姿勢が問われるのではないだろうか。
IMG_8439.jpg
 次に、やはり原告側が求めていた東電への文書提出要請に対し、回答に立ったのは、いつもの東電側弁護士 。いわく、1)原告側が求める木幡氏がモニターになっていたのは、平成16年ではなく14年であり、その年、勝俣、吉田各氏はモニター会議に出席した記録はない。また、平成16年の木幡氏が同席したモニター会議の記録はない。2)原告側が求める2009~10年のリスク管理委員会および原子力リスク管理会議の記録は、準備書面との関連が明らかでないこと、また資料が膨大で、特定してくれないと出せない。3)東電が出している3.11の津波の再現モデル、L67モデルは最新の知見に基づくもの。原告側が妥当性が疑わしいと言うのなら、どういう点が疑わしいのか出してほしい等々、結局今回のところは全部ゼロ回答。裁判所の要望もあり、再度原告側が要請の根拠などを補充して文書を出すことになった。が、それこそ膨大な事実や資料を握っているのは東電であり、こちら側がそれを特定することは、非常に難しい。アメリカがよいとは思わないが、ここだけは相手方から証拠等の情報を得ることができるディスカバリー法が日本にも欲しい!と思う。
IMG_8443.jpg
 この後、裁判所は被告側に対し、前回5月の法廷で求めていた非常用電源の高所設置などの結果回避可能性についての補充書面の提出はいつ頃になるかと尋ねた。が、これまた先ほどの弁護士がへつらうような笑みを浮かべながら、だらだらと「努力しているが、今のところいつとは言えない」と答弁。故意に引き延ばしを図っているのか、実際に論証ができないのか、前回「夏休み以降になる」と言っていたのが、さらに後退した印象だ。裁判長は、刑事裁判の証人調べが一区切りするまでの間に、できるだけ他の論点を詰めていきたい。したがって、できたところまででもいいから、次回までに提出するようにと釘をさした。
 最後に、裁判所は今後の進め方について意見を求め、原告側は、刑事訴訟の証人尋問が10月末頃に終了の見込みなので、早ければ12月頃から証人尋問を行いたいと述べた。
 これを受け、裁判長は「今のうちにやっておくべきことをやっていきたいので、双方とも準備してほしい」と結び、次回期日の確認後閉廷した。以前、裁判長は刑事訴訟の進行を待ち、利用するという原告側の方針に必ずしも同意していなかったが、今はそれならそれでよいから、残された論点を今のうちにやろうという姿勢に変わり、今後もやる気十分のように感じられた。
 記者会見では、海渡弁護士が各論点について説明し、「絶対負けない裁判をやりたい」と意気込みを示した。事務局長の木村さんは「東電側が真実を明らかにすることを邪魔しようとする姿勢が明らかになった」と被告側の態度を批判した。
 報告・学習会では、甫守弁護士が本日のやり取りの説明をし、結果回避可能性について東電がどう主張してくるかが見もので、こちらとしては、勝つためにも今後刑事訴訟で掘り下げていない論点も掘り下げていくつもりであると述べた。
 IMG_8444.jpg
 学習会は福島原発「刑事裁判」の中間報告「福島原発事故・東電役員の刑事民事責任追及の現段階」と題して、海渡弁護士からパワーポイントを使った詳細で明快な説明がなされた。特に、この間の証人の証言についての説明は、その人となりも含め重要なポイントが浮かび上がる、とても聴き応えのある内容だった。刑事訴訟の勝利を期待するとともに、株主代表訴訟も弁護士の方々の言葉どおり「絶対負けない」ようにしていきたいと切に思う。(まめこ)


※報告・学習会の模様は、こちらで観られます。
また、学習会で使用した資料はこちらです。
なお、写真は上から、記者会見(司法記者クラブ)、裁判報告(甫守一樹弁護士)、学習会(海渡雄一弁護士)。

第41回口頭弁論期日 動画・感想など

7月10日
第41回口頭弁論期日、報告&学習会参加者の感想をご紹介いたします。
傍聴や集会に参加してくださったみなさま、あらためてありがとうございました。
西日本を襲った豪雨による被害が広がっています。いまなお、避難生活をされている方もいらっしゃるかと思います。お見舞いを申し上げるとともに、少しでも早く回復できるよう祈っています。

◆Y.T.さん(北区)
東電にとって津波も地震も「リスク」ではなかったとは!(事務局注:東電にとってのリスクは原子炉が止まることでした。)
だから東海第二原発稼働に資金援助するのですね。
海渡さんの刑事裁判の解説、よく分かりました。
あの裁判、なぜ持ち物をすべて預けさせられるのか、よく分かりません。
他の裁判と何が違うのでしょうか。
島崎邦彦さん、規制委員会に残ってほしかった。今、地震学の人がいなくなっているのでは。

◆I.N.さん(栃木市)
初めて参加しました。
今年の東電株主総会や今日の裁判を見たときに、フクシマの風化は否めないように感じました。
しっかりやっていきましょう。

◆Y.F.さん(中央区)
海渡さんの解説で、少し全貌が分かった。
小雨の中、来たかいがありました。

◆K.S.さん(川崎市)
海渡先生の刑事裁判の状況説明は大変貴重でした。
各証人についての詳しい証言内容を具体的に詳しい資料で説明いただきました。
津波の想定が何回もされていたのに、東電幹部や政府関係者により無視・隠蔽された結果の事故であったことが明らかになったと思います。
この判定が否定される結果になったら、もはや日本の司法は完全に崩壊といわざるを得ないと思える。

動画をアップします。Uplanさん、いつもありがとうございます。
20180705 UPLAN 海渡雄一弁護士「福島原発「刑事裁判」の中間報告」(東電株主代表訴訟)

第41回の口頭弁論期日報告、提出書面

7月6日
昨日は第41回の口頭弁論期日でした。傍聴に参加してくださったみなさま、ありがとうございました。
弁護団から原告宛の「期日報告書」から報告いたします。
IMG_8438.jpg 

3 今回の訴訟活動
(1) 主張
当 方:平成30年6月27日付け上申書-刑事裁判所へのメモ」(文書送付嘱託に応じるに際して核物質防護について考える必要性はない旨の意見) 提出(当裁判所から刑事裁判所へ送付済み)
補助参加人:特になし
被告(勝俣ら):特になし
被告(武黒ら):特になし
(2)証拠関係
当方:特になし
補助参加人:特になし
(3)期日でのやり取り
ア 刑事記録について
まず,裁判所は,刑事記録の送付嘱託について,刑事裁判所に開示すべき資料の全体像を早めに伝えて検討してもらった方がよいと考えていると述べ,双方に対し,嘱託すべく文書を追加する予定があるか質問しました。
これに対して当方及び相手方は,追加する予定であり,次回期日までに,可能な範囲で追加の申立を行う意向であると述べました。なお,刑事事件において,弁護側のみ申請した証人の調書に関しては,被告側から提出するので,当方は送付嘱託に含めないとしました。
イ 平成30年3月7日付け文書提出要請7
次に当方が,補助参加人に対し,文書提出要請7にもとづき,資料の開示を求めたところ,補助参加人より,以下のような回答がありました。
ⅰ モニター会合
木幡ますみ氏は,平成14年のモニターであり,そして勝俣,吉田は,平成14年のモニター会議には参加していない。
裁判所は,当方に対し,上記回答をもとに,どういう範囲で文書提出を要請するか方針を検討するように指示しました。
ⅱ リスク管理委員会及び原子力リスク管理会議
 原告の準備書面(30)第4(12頁以下)の主張との関連性が明らかではなく,被告勝俣らの責任論に関する主張が詰められていないとも考えており,さらには,資料が膨大であり,現状では,資料開示要請には応じることができない。
 これに対して当方は,被告武藤によって津波対策が先延ばしにされた平成20年の翌年,翌々年のリスク管理委員会において津波の影響度が小から大に変更となったことは,事実関係は同じなのに判断が変わったということで,平成20年当時も同じ判断ができたと考えられ,平成20年当時の被告らの認識を判断する上でも重要な事実であることを説明しました。
 裁判所は,時期との関係で,上記準備書面には「被告勝俣らが,法の趣旨にのっとってリスク管理委員会を設置運営していれば,遅くとも平成20年6月10日までには津波によるリスクを認識し,安全確保の措置を講じるよう指示ができた」旨の主張であるところ,文書提出要請7において,平成21年から平成22年(平成21年12月4日,平成22年2月23日,同年10月11日)の事後的な資料の開示を求める意味については,裁判所としても,書面にて明らかにしてもらいたいと思っている旨を述べました。なお,被告勝俣の責任については,一定の議論がなされているのではないかとの認識を示しました。
 これらを受けて,当方が,準備書面(30)第4(12頁以下)主張との関連性を整理し,開示を求める資料を特定することになりました。
  ⅲ L67モデル
 L67モデルは,最新の知見にもとづくもので,当方がどのような理由で妥当性が疑われると主張するのか明らかにして欲しい(裁判所からも同様の釈明がありました。)。これに対して当方は,L67モデルは,従前のモデルと内容を異にしており,また実際の津波より過大なモデルを前提とした可能性があることを指摘しました。この点についても,書面をもって,整理することになりました。
ウ 裁判所の釈明事項について
 裁判所が,補助参加人に対し,前回期日における裁判所の求釈明事項(結果回避可能性の詳細な主張の有無)について尋ねたところ,補助参加人は,補充書面を提出する意向であると述べました。
 上記回答を受けて裁判所が,スケジュールを質問しましたが,補助参加人は,時間の経過を整理して,準備しており,次回期日までにすべてを準備できるかは不明であると回答しました。
 裁判所は,途中段階のものでも結構であるので,次回期日までに,準備できた範囲で書面を提出するように指示し,そうすれば原告らも反論し,議論が進むでしょうと述べました。
エ 今後の進行
 最後に裁判所は,今後の進行について意見を求め,当方は,秋頃までには,刑事事件の証人尋問に目処が付く見込みであり,早ければ今年の12月頃から,本訴訟でも証人尋問を実施したい意向であると意見を述べました。これを受けて裁判所は,残された論点はどこか裁判所も考えるが,被告,補助参加人も今のうちやっておくことは何か,刑事からの記録にも左右されるが,と述べました。
4 期日
 最後に裁判所は,以下の通り,今後の期日を確認して,本期日は終了しました。
平成30年9月13日(木)午前10時30分
口頭弁論期日(東京地方裁判所103号法廷)
*平成30年9月11日(火)午前10時20分より,進行協議期日(東京地方裁判所603号)を予定しております。
【平成30年10月以降の予定】
平成30年10月23日(火)午前10時00分     
進行協議期日(東京地方裁判所603号法廷を予定)
平成30年10月25日(木)午前10時30分
口頭弁論期日(東京地方裁判所103号法廷)
以上

7月5日(木)10時半 第41回口頭弁論期日

6月21日
次回の口頭弁論期日についてお知らせいたします。


7月5日(木)10時半 第41回口頭弁論期日 

▼チラシ(以下、PDFファイルが開きます)

180705.jpg 

 東電株主代表訴訟と姉妹関係ともいうべき、本件でも被告の勝俣氏、武藤氏、武黒氏を被告人とする東電福島第一原発業務上過失致死傷事件の刑事公判が始まってから、まもなく1年を迎えます(次回は7月6日第19回公判期日)。今後続く証人尋問にもご注目ください福島原発刑事訴訟支援団のサイト)。


 事故から8年目に入りました。。多くの方に傍聴に来ていただき、この訴訟の社会的関心の高さを示すとともに、未だ福島第一原発「事件」の被害は続いていることを裁判所に対してもアピールできればと思います。周りの方にもお誘いのうえ、ぜひご参加ください。


 期日後には報告集会&学習会を予定しています。学習会では、本件の弁護団で、福島原発刑事裁判において被害者参加人の代理人として、毎回法廷に出廷している海渡雄一弁護士より「福島原発『刑事裁判』中間報告」と題してお話を伺います。刑事裁判を傍聴している方も、全く初めての方にも、刑事裁判の証人尋問によって、東京電力福島第一原発事故の真相が、どのように明らかになってきたのか、わかりやすくお話しいたします。ご期待ください。



9:30~ 原告によるアピール

東京地裁正面玄関前(霞が関駅A1出口を出て裁判所に向かう通りの前辺り)
▼東京地裁
東京都千代田区霞が関1-1-4(地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩3分) 
▼地図

10:30~ 第41回口頭弁論期日

        東京地裁103号法廷

12:30~ 報告会&学習会「福島原発『刑事裁判』中間報告」

※12:00頃より、ロビーで通行証を配布します。※※予約等不要、参加費等無料

弁護団より、裁判報告
学習会講師:海渡雄一弁護士
IMG_8193.jpg 

●会場:衆議院第二議員会館 多目的会議室地下・裁判所から地下鉄で1駅/徒歩約15分)

5月17日の第40回口頭弁論の傍聴報告

6月6日
前回の口頭弁論期日のご報告です。

口頭弁論期日

 10:30に開廷した。今回双方から口頭での陳述などは特になく、以下のやりとりがあった。法廷はやや空席が目立った。
被告側の第9準備書面について
 裁判所は、被告・武黒、武藤らの第9準備書面に記載の「非常用配電盤の高所設置」、「可搬式機材の高所配備による対応」について、原告の準備書面(31)では、原告としてできる限りの主張がなされていると述べた。
 原告側に対し、裁判長が①何をどこに設置するのか、②どのように電源を復旧するのか、などの関心を持っていることを明らかにした。また、「可搬式」というのは、手で持つのか、自動車で運ぶのかも分からない旨も述べた。
 他方、裁判所は、被告らに対して、原告らがこれ以上詳しい主張をすることは現状困難とも思えるし、被告の書面によると、ガレキの撤去に長時間かかるとあるが、ガレキは水素爆発で散乱したとも考えられるし、被告の言っていることは今のままだとよく分からない、と述べ、そろそろ「非常用配電盤の高所設置」、「可搬式機材の高所配備による対応」では回避可能性がなかったというプロセスを時間(原子炉事象)との関係で説明するべきときでは、と問題意識を示した。その上で、裁判所は、前橋地裁、千葉地裁、福島地裁で、結果回避可能性の捉え方が異なっていることを指摘し、議論する価値があるとして、今後はその点の整理を進めたいと述べた。
 これに対して被告側からは、事故の経過について、補助参加人から情報を得て検討したいと述べた。
 補助参加人は、津波後の状況や、水素爆発後の状況等について、シミュレーションをして、反論を検討したいと述べ、具体的な反論は、夏休み以降になるだろうとも言った。
裁判所は、被告の意見に対して原告に異論がないことを確認し、今後の被告の反論を踏まえて、原告が再反論するように述べ、この件を締めくくった。
事実経過表について
 裁判所は、双方に対し、裁判所修正の「事実経過表」に異議がないことを確認し、現時点での主張を整理したものとして、本口頭弁論期日の調書に添付すると述べた。
刑事記録について
 裁判所は、刑事記録の開示について、刑事裁判所に問い合わせをしたところ、現在も引き続き検討中であり、前回以降付け加える点はないとの回答があったことを報告した。
 海渡弁護士は、核物質防護の観点から慎重に対応するということだが、刑事裁判所が懸念しているようなことはない、という意見書を提出すると述べた。
 なお、裁判所は、この原告側からの申し出はまだ正確には採用していないと念を押した。
刑事裁判の進捗状況について
 上記について、裁判長から質問があった。
 双方から、刑事事件の尋問が、1か月で5回開かれ、今年10月頃までに証人尋問が終了する予定である旨を報告。
期日確認
 最後に裁判長は、今後の期日を確認して、終了した(次回のみ、ここに記載する)
7月5日(木)午前10時30分 第41回口頭弁論期日(東京地方裁判所103号法廷)

記者会見

 原告の木村結さん、代理人の甫守弁護士と只野弁護士が出席。幹事社がフジテレビで、9社程度のメディアが参加した。
 IMG_7331.jpg 
甫守弁護士:現在、別件の刑事の東電元取締役らの業務上過失致死傷の裁判の進行待ちで、原告側、被告側とも刑事裁判での書証をとりよせて裁判したい意向。刑事裁判では、核物質防護の点から書証をいつ出してくるか分からない状況である。前回と今回、民事裁判所から催促してもらっているが、状況は変わっていない。裁判所としてはゆっくり進めて細かいところをやりたいという感じだ。
 今回出てきた武黒ら原子力担当取締役などの書面のうち、「非常用配電盤の高所設置」、「可搬式機材の高所配備」の2つについては、結果回避について触れていて、被告側は敷地にガレキが散乱していて、通路を確保するのに時間がかかるというようなことを書いている。だがそれについては進行協議で「非常用配電盤は高いところに置いてケーブルをあらかじめ地下に通しておけば、ガレキ撤去は必要ない」ので、この2つは性質が違うと述べた。被告参加人のほうから、結果回避ができないことについて武黒さんらでは説明できないので、補助参加人のほうで検討してもらうことになった。補助参加人は、夏休み明けまでに何らか出すという見込みになった。裁判所はもともと結果回避について関心を持っていたので詰めてやりたいとも言った。
原告・木村:今日の口頭弁論を聞いていて疑問点がいくつかあった。一つはガレキ撤去。東電は、水素爆発を想定していなかった、津波すら想定してなかったのだから爆発については想定していなかった。水素爆発跡のガレキの撤去ができない状況について、これからシミュレーションして反論を考えるというのはあまりにもひどいのではないか。7年も経って今ごろそんなことを言うのか、とあきれた。
かつて、私たちは脱原発・東電株主運動として東電の株主総会で、配電盤を高い所に置くべきとの質問を出している。それについて、東電は必要ないという答えをしている。その責任をどうとるのか? 
フジテレビ:第40回という期日は節目でもあると思うのですが、その思いは?
木村:裁判は時間がかかるのは知っていたが、こんなに長引くとは思わなかった。東京電力にも取締役にも非があることは明らかなのに、40回もかかるというのは残念な思い。ほとんどの証拠は東電が持っていて、私たちは何も持たずに裁判を起こして、彼らの行いを立証しなければならない、その壁は非常に厚い、と感じている。
NHK:今までの事実経過表とどこが違うのか?
甫守弁護士:刑事裁判で新たに平成19年~20年にかけての事実経緯が少し詳しく説明された。こちらの裁判でも必要だと思い事実を付け加えた。あと、被告を減らしたことが反映されている(注:27人から5人に絞った)
以上
(原告:向井)
プロフィール

NoNukes0311

Author:NoNukes0311
東京電力取締役の責任追及する:東電株主代表訴訟の公式ブログです。
裁判の報告や提出書面などをお知らせしています。

▼カンパのお願い
郵便局口座:00140-3-633169 「東電株主代表訴訟」

銀行口座:
[New]城南信用金庫 新橋支店(普通) 4 8 0 7 8 2 「東電株主代表訴訟」
三菱東京UFJ 銀行 多摩センター支店(普通)0229479「東電株主代表訴訟」


フェイスブック:https://www.facebook.com/tepcodaihyososho

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
日本と原発
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター