FC2ブログ

7月11日(木)第48回口頭弁論期日

7月2日
次回の口頭弁論期日についてご案内します。

7月11日(木)10時30分~ 第48回口頭弁論期日 

▼チラシ(以下、PDFファイルが開きます)
チラシ・オモテウラ*
 190711.png
 3・11東京電力福島原発「事件」から8年が経過しましたが、事件は未だ収束にはほど遠い状況にあります。今なお10万余の人々が避難生活を強いられています。

 私たち東電株主代表訴訟と姉妹関係ともいうべき、本件でも被告の勝俣氏、武藤氏、武黒氏を被告人とする東電福島第一原発業務上過失致死傷事件の刑事事件の記録をこの民事裁判所に送ってほしいという送付嘱託申立ては、被害関係以外はほぼ採用されました。
 前回の期日において、これらの書証を提出いたしました。

 多くの方に傍聴に来ていただき、この訴訟の社会的関心の高さを示すとともに、未だ福島第一原発「事件」の被害は続いていることを裁判所に対してもアピールできればと思います。周りの方にもお誘いのうえ、ぜひご参加ください。
 期日後には弁護団による報告と学習会を予定しています。

9:30~ 原告によるアピール

東京地裁正面玄関前(霞が関駅A1出口を出て裁判所に向かう通りの前辺り)
▼東京地裁
東京都千代田区霞が関1-1-4(地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩3分) 
▼地図

10:30~ 第48回口頭弁論期日

        東京地裁103号法廷

12:30~ 報告&学習会「東電刑事裁判で明らかになった『御前会議』」(仮)

※12:00頃より、ロビーで通行証を配布します。
※※予約等不要、参加費等無料
 弁護団より、裁判報告(甫守一樹弁護士)。学習会では、弁護団より海渡雄一弁護士を講師に迎えます。海渡弁護士が被害者参加代理人として法廷に毎回出席していた、東電強制起訴刑事裁判(東電元役員らの業務上過失致死傷事件)で明らかになった「御前会議」など、本件でも被告らの責任を基礎づけるさまざまな事実について、わかりやすく説明します。

会場:参議院議員会館 講堂裁判所から地下鉄で1駅/徒歩約15分)

5月30日(木)10時半 第47回口頭弁論期日

5月13日
次回の口頭弁論期日についてご案内します。

5月30日(木)10時30分~ 第47回口頭弁論期日 

▼チラシ(以下、PDFファイルが開きます)
 190408.png
 3・11東京電力福島原発「事件」から8年が経過しましたが、事件は未だ収束にはほど遠い状況にあります。今なお10万余の人々が避難生活を強いられています。

 前回の期日において、結果回避可能性についての補充の主張、渡辺敦雄先生の意見書を提出いたしました。また、私たち東電株主代表訴訟と姉妹関係ともいうべき、本件でも被告の勝俣氏、武藤氏、武黒氏を被告人とする東電福島第一原発業務上過失致死傷事件の刑事事件の記録をこの民事裁判所に送ってほしいという送付嘱託申立ては、被害関係以外はほぼ採用されました。

 多くの方に傍聴に来ていただき、この訴訟の社会的関心の高さを示すとともに、未だ福島第一原発「事件」の被害は続いていることを裁判所に対してもアピールできればと思います。周りの方にもお誘いのうえ、ぜひご参加ください。
 期日後には弁護団による報告と学習会を予定しています。

9:30~ 原告によるアピール

東京地裁正面玄関前(霞が関駅A1出口を出て裁判所に向かう通りの前辺り)
▼東京地裁
東京都千代田区霞が関1-1-4(地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩3分) 
▼地図

10:30~ 第47回口頭弁論期日

        東京地裁103号法廷

12:00~ 報告&学習会「今年度東電定時株主総会・脱原発株主提案議案9本(仮)」

11:30頃より、ロビーで通行証を配布します。
※※予約等不要、参加費等無料
弁護団より、裁判報告。
学習会では、今年度の脱原発株主提案議案について、参加者の皆様と議論し、理解を深める機会にしたいと考えております。株主提案は 脱原発・東電株主運動のブログをご覧ください。東電の定時株主総会は6月26日です 第95回定時株主総会について(東京電力HD)。いつもと時間が変わりますので、ご注意ください。
会場:衆議院第一議員会館 第2会議室 地下)(裁判所から地下鉄で1駅/徒歩約15分)

3月28日(木)15時~ 第46回口頭弁論期日

3月18日
次回の口頭弁論期日についてご案内します。

3月28日(木)15時~ 第46回口頭弁論期日 

▼チラシ(以下、PDFファイルが開きます)
 190108.png
 3・11東京電力福島原発「事件」から8年が経過しました。事件は未だ収束にはほど遠い状況にあります。今なお10万余の人々が避難生活を強いられています。

 先日3月12日には、東電株主代表訴訟と姉妹関係ともいうべき、本件でも被告の勝俣氏、武藤氏、武黒氏を被告人とする東電福島第一原発業務上過失致死傷事件の刑事公判について、被告人ら弁護人による最終弁論がなされました。昨年末に指定弁護士らが行った緻密で証拠に基づいた論告「指定弁護士、禁錮5年を求刑」刑事裁判傍聴記:第35回公判(添田孝史)に比べて、まるで空虚な内容に、指定弁護士らが異例のコメントを発表したほどでした。(「爆発からちょうど8年目の結審。語らなかった勝俣元会長ら」刑事裁判傍聴記:第37回公判(添田孝史)

 今回、原告らは送付嘱託の申立によって採用された、刑事事件の記録を書証として提出いたします。また、結果回避可能性についての補充の主張、渡辺敦雄先生の意見書を提出いたします。

 多くの方に傍聴に来ていただき、この訴訟の社会的関心の高さを示すとともに、未だ福島第一原発「事件」の被害は続いていることを裁判所に対してもアピールできればと思います。周りの方にもお誘いのうえ、ぜひご参加ください。
 時間がいつもと異なりますので、ご注意ください。

14:00~ 原告によるアピール

東京地裁正面玄関前(霞が関駅A1出口を出て裁判所に向かう通りの前辺り)
▼東京地裁
東京都千代田区霞が関1-1-4(地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩3分) 
▼地図

15:00~ 第46回口頭弁論期日

        東京地裁103号法廷

※今回は時間が遅いので、報告会は次回まとめて行います。

12月6日午後2時 第44回口頭弁論期日

11月12日
次回の口頭弁論期日についてお知らせいたします。


12月6日(木)午後2時 第44回口頭弁論期日 

▼チラシ(以下、PDFファイルが開きます)
181206.png 

 3・11東京電力福島原発「事件」から7年8か月が経過しましたが、事件は未だ収束にはほど遠い状況にあります。今なお10万余の人々が避難生活を強いられています。

 文書送付嘱託の申立(刑事裁判の記録について、本件でも使いたいので、記録を送ってほしいというお願い)の一部が採用され、島崎邦彦氏(地震学が専門。元原子力規制委員会委員長代理,地震調査研究推進本部長期評価部会長)の尋問調書、都司嘉宣氏(歴史地震学が専門。地震調査研究推進本部長期評価部会委員)の尋問調書、今村文彦氏(津波工学が専門。福島第一原発のバックチェック審査担当)の尋問調書を書証として提出しました(他の記録については裁判所からの連絡待ち)。

 また、これらの尋問が行われた、東電株主代表訴訟と姉妹関係ともいうべき、本件でも被告の勝俣氏、武藤氏、武黒氏を被告人とする東電福島第一原発業務上過失致死傷事件の刑事公判ですが、10月末に被告人質問を終え、報道によると、12月に論告/求刑、年度内にも判決との見込みのようです。今までの裁判の経緯を、東電株主代表訴訟とともにご注目ください(福島原発刑事訴訟支援団のサイト)。


 事故から8年目に入りました。。多くの方に傍聴に来ていただき、この訴訟の社会的関心の高さを示すとともに、未だ福島第一原発「事件」の被害は続いていることを裁判所に対してもアピールできればと思います。周りの方にもお誘いのうえ、ぜひご参加ください。

13:00~ 原告によるアピール

東京地裁正面玄関前(霞が関駅A1出口を出て裁判所に向かう通りの前辺り)
▼東京地裁
東京都千代田区霞が関1-1-4(地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩3分) 
▼地図

14:00~ 第44回口頭弁論期日
※開廷時間にご注意ください

        東京地裁103号法廷

※※ 報告&学習会はありません。ご注意ください。


9月13日第42回口頭弁論期日

9月4日
次回の口頭弁論期日についてお知らせいたします。


9月13日(木)10時半 第42回口頭弁論期日 

▼チラシ(以下、PDFファイルが開きます)

180913.png

 3・11東京電力福島原発「事件」から8年目に入りましたが、事件は未だ収束にはほど遠い状況にあります。今なお10万余の人々が避難生活を強いられています。トリチウムのほか、放射性物質を含んだ汚染水を海洋放出ありきの公聴会においては、多くの市民が問題点を指摘しました。

 東電株主代表訴訟と姉妹関係ともいうべき、本件でも被告の勝俣氏、武藤氏、武黒氏を被告人とする東電福島第一原発業務上過失致死傷事件の刑事公判が明日9月5日から再開します。被告武藤らが、15.7mの津波を予見し、その対策を具体的に進めていたのにもかかわらず、津波対策費を惜しんで2008年7月31日の会議で先延ばしすることに方向転換した実態が明らかになってまいりました。この刑事裁判での書証を、文書送付嘱託の申立によって、本件株主代表訴訟の裁判でも使いたいと強く求めています。今までの裁判の経緯を、東電株主代表訴訟とともにご注目ください福島原発刑事訴訟支援団のサイト)。

 事故から8年目に入りました。。多くの方に傍聴に来ていただき、この訴訟の社会的関心の高さを示すとともに、未だ福島第一原発「事件」の被害は続いていることを裁判所に対してもアピールできればと思います。周りの方にもお誘いのうえ、ぜひご参加ください。

 期日後には報告集会&学習会を予定しています。学習会では、映画「わたしの、終わらない旅」を上映します。核兵器と原発を巡る世界の核の現場の被害は、3・11後では私たちの目には違って映るように思います。坂田雅子監督の母、坂田静子さんが、1995年の高速炉もんじゅのナトリウム漏洩火災事故後の原子力政策円卓会議で意見を述べられている姿も印象的です。ご期待ください。

9:30~ 原告によるアピール

東京地裁正面玄関前(霞が関駅A1出口を出て裁判所に向かう通りの前辺り)
▼東京地裁
東京都千代田区霞が関1-1-4(地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩3分) 
▼地図

10:30~ 第42回口頭弁論期日

        東京地裁103号法廷

12:30~ 報告会&学習会 映画「わたしの、終わらない旅」

※12:00頃より、ロビーで通行証を配布します。※※予約等不要、参加費等無料

弁護団より、裁判報告。映画「私の終わらない旅」上映後、坂田雅子監督のトークも予定しています。坂田監督の新作「モルゲン、明日」は10月6日(土)より、シネマハウス大塚ほか全国順次公開。


 

●会場:衆議院第二議員会館 多目的会議室地下・裁判所から地下鉄で1駅/徒歩約15分)
プロフィール

NoNukes0311

Author:NoNukes0311
東京電力取締役の責任追及する:東電株主代表訴訟の公式ブログです。
裁判の報告や提出書面などをお知らせしています。

▼カンパのお願い
郵便局口座:00140-3-633169 「東電株主代表訴訟」

銀行口座:
城南信用金庫 新橋支店(普通) 4 8 0 7 8 2 「東電株主代表訴訟」
三菱UFJ銀行 多摩センター支店(普通)0229479「東電株主代表訴訟」


フェイスブック:https://www.facebook.com/tepcodaihyososho

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
日本と原発
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター