FC2ブログ

9月26日第49回口頭弁論期日

8月29日
次回の口頭弁論期日についてご案内します。

9月26日(木)10時30分~ 第49回口頭弁論期日 

▼チラシ(以下、PDFファイルが開きます)
190926.png

 3・11東京電力福島原発「事件」から8年が経過しましたが、事件は未だ収束にはほど遠い状況にあります。今なお10万余の人々が避難生活を強いられています。

 私たち東電株主代表訴訟と姉妹関係ともいうべき、本件でも被告の勝俣恒久氏、武藤栄氏、武黒一郎氏を被告人とする東電福島第一原発業務上過失致死傷事件の刑事事件については、来月9月19日にいよいよ判決言渡しとなりました。私たちも協力させていただいた、短編映画「東電刑事裁判 動かぬ証拠と原発事故」にあるように、刑事裁判においては、東電の最高経営層の勝俣氏、武藤氏、武黒氏らは、巨大津波の襲来を予見しながら、原発停止リスクや、多額の費用を惜しみ、津波対策を先送りにし、何らの対策を取らなかったことが、会議録、決裁文書、夥しいメールから明らかになりました。
 勝俣氏らの民事責任を追及した裁判である株主代表訴訟も、いよいよ大詰めを迎えています。多くの方に傍聴に来ていただき、この訴訟の社会的関心の高さを示すとともに、未だ福島第一原発「事件」の被害は続いていることを裁判所に対してもアピールできればと思います。周りの方にもお誘いのうえ、ぜひご参加ください。
 期日後には裁判のご報告と学習会を予定しています。

9:30~ 原告によるアピール

東京地裁正面玄関前(霞が関駅A1出口を出て裁判所に向かう通りの前辺り)
▼東京地裁
東京都千代田区霞が関1-1-4(地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩3分) 
▼地図

10:30~ 第49回口頭弁論期日

        東京地裁103号法廷
長期評価の信頼性の主張の補充、及び貞観津波の新たな知見に基づき、予見可能性が認められることを主張予定。

12:30~ 報告&学習会 「東電刑事裁判判決を受けて」

※12:00頃より、ロビーで通行証を配布します。
※※予約等不要、参加費等無料
 弁護団より、裁判報告(甫守一樹弁護士)。
3・11後の告訴・告発の呼びかけ、検察の不起訴処分と東京検察審査会の二度にわたる起訴相当を受けての強制起訴によって開かれた37回の公判と長い道のりを経て、9月19日、初めて東電福島原発事件の刑事責任についての司法判断が下ります。この間、福島原発告訴団団長として闘ってこられた武藤類子さんを迎え、お話を伺います。また、福島原発告訴団の弁護団、そして刑事事件の被害者参加代理人として活躍してきた甫守一樹弁護士に、報告に引き続いて判決と本件訴訟との関係、今後の見通しなども伺います。
 ぜひご参加下さいますようお願いいたします。
※当初予定していた内容から変更となりました。楽しみにして下さったみなさまには申し訳ありません。

会場:衆議院第1議員会館 多目的会議室裁判所から地下鉄で1駅/徒歩約15分)

1月19日第30回口頭弁論期日

1月16日
いよいよ今週は東電株主代表訴訟第30回口頭弁論期日です。
ぜひ傍聴においでください。



1月19日第30回口頭弁論期日

裁判報告・学習会
「海渡雄一弁護士に聞く!訴訟の今後、今回の文書提出命令の意味、刑事裁判(本件の被告でもある東電元役員らの業務上過失致死傷事件)の行方」


170119.jpg

▼チラシ(グーグルドライブからPDFファイルが開きます)
オモテ
ウラ

政府事故調のヒアリング調書に対する文書提出命令申立に関しては、昨年末にすべて却下という残念な結果となってしまいました。私たちは1月4日に即時抗告しました。

次回期日では、文書提出命令の結果を受けて、今後の方針について、協議がなされると思われます。
多くの方に傍聴に来ていただきただき、この訴訟の社会的関心の高さを示すとともに、未だ福島第一原発「事件」の被害は続いていることを裁判所に対してもアピールできればと思います。
周りの方にもお誘いのうえ、ぜひご参加してください。

期日後には報告集会&学習会を予定しています。
今回は、弁護団から海渡雄一弁護士を迎え、この訴訟の今後、今回の文書提出命令の意味、本件の被告でもある勝俣、武藤、武黒らの刑事裁判の行方など、この事件の問題点について、わかりやすく解説します。
ご期待ください。

本件被告でもある、勝俣、武藤、武黒に対する業務上致死傷事件の公判も近いうちに始まるであろうと思います。
海渡弁護士の話を聴き、現状と、東電株主代表訴訟における被告らの責任をあらためて考える機会になればと思っています。

【スケジュール】
9:30~ 原告によるアピール
  東京地裁正面玄関前(霞が関駅A1出口を出て裁判所に向かう通りの前辺り)
  ▼東京地裁
  東京都千代田区霞が関1-1-4
 (地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩3分)
  ▼地図
  http://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/tokyotisai/index.html

9:30~ 第30回口頭弁論期日
       東京地裁103号法廷

12:30~期日後の報告会&学習会
※12:00 通行証を配布予定。
●会場:衆議院第1議員会館多目的ホール
   (裁判所から地下鉄で1駅)



東電株主代表訴訟12月15日口頭弁論期日

12月12日

いよいよ今週木曜日に迫りました。
次回の口頭弁論期日と、期日後の学習会について再掲いたします。



12月15日第29回口頭弁論期日

裁判報告・学習会
「東電の闇―報道されない大事なこと 汚染水から原発分社化まで」



111215.jpg


▼チラシ(ドロップボックスからPDFファイルが開きます)
オモテ
ウラ

注目すべき点の一つは、原告らが申し立てている文書提出命令についての判断を、裁判所が近いうちに示すと思われる点です。

多くの方に傍聴に来ていただきただき、この訴訟の社会的関心の高さを示すとともに、未だ福島第一原発「事件」の被害は続いていることを裁判所に対してもアピールできればと思います。
周りの方にもお誘いのうえ、ぜひご参加してください。

期日後には報告集会&学習会を予定しています。
今回は、原告でもあるたんぽぽ舎の山崎久隆さんを迎え、「東電の闇―報道されない大事なこと 汚染水から原発分社化まで」と題して、本件訴訟の背景ともなるべきお話を伺います。
ご期待ください。

本件被告でもある、勝俣、武藤、武黒に対する業務上致死傷事件の公判も近いうちに始まるであろうと思います。
山崎さんの話を聴き、現状と、東電株主代表訴訟における被告らの責任をあらためて考える機会になればと思っています。

【スケジュール】
12:30~ 原告によるアピール
  東京地裁正面玄関前(霞が関駅A1出口を出て裁判所に向かう通りの前辺り)
  ▼東京地裁
  東京都千代田区霞が関1-1-4
 (地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩3分)
  ▼地図
  http://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/tokyotisai/index.html

13:30~ 第29回口頭弁論期日
       東京地裁103号法廷

15:00~期日後の報告会&学習会
※14:30 通行証を配布予定。
●会場:衆議院第2議員会館第1会議室(1階地下)
   (裁判所から地下鉄で1駅)




次回12月15日第29回口頭弁論期日

11月21日

次回の口頭弁論期日と、期日後の学習会についてのご案内します。



12月15日第29回口頭弁論期日

裁判報告・学習会
「東電の闇―報道されない大事なこと 汚染水から原発分社化まで」



111215.jpg


▼チラシ(ドロップボックスからPDFファイルが開きます)
オモテ
ウラ

注目すべき点の一つは、原告らが申し立てている文書提出命令についての判断を、裁判所が近いうちに示すと思われる点です。

多くの方に傍聴に来ていただきただき、この訴訟の社会的関心の高さを示すとともに、未だ福島第一原発「事件」の被害は続いていることを裁判所に対してもアピールできればと思います。
周りの方にもお誘いのうえ、ぜひご参加してください。

期日後には報告集会&学習会を予定しています。
今回は、原告でもあるたんぽぽ舎の山崎久隆さんを迎え、「東電の闇―報道されない大事なこと 汚染水から原発分社化まで」と題して、本件訴訟の背景ともなるべきお話を伺います。
ご期待ください。

本件被告でもある、勝俣、武藤、武黒に対する業務上致死傷事件の公判も近いうちに始まるであろうと思います。
山崎さんの話を聴き、現状と、東電株主代表訴訟における被告らの責任をあらためて考える機会になればと思っています。

【スケジュール】
12:30~ 原告によるアピール
  東京地裁正面玄関前(霞が関駅A1出口を出て裁判所に向かう通りの前辺り)
  ▼東京地裁
  東京都千代田区霞が関1-1-4
 (地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩3分)
  ▼地図
  http://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/tokyotisai/index.html

13:30~ 第29回口頭弁論期日
       東京地裁103号法廷

15:00~期日後の報告会&学習会
※14:30 通行証を配布予定。
●会場:衆議院第2議員会館第1会議室(1階地下)
   (裁判所から地下鉄で1駅)




9月8日第27回口頭弁論期日

8月25日

次回の口頭弁論期日と、期日後の学習会についてのご案内します。



9月8日第27回口頭弁論期日

裁判報告・学習会
『福島原発事故』を扱った映画のシークレット上映


160825.jpg

▼チラシ(ドロップボックスからPDFファイルが開きます)
オモテ
ウラ

政府事故調の被告らの調書等についての文書提出命令の申立について、裁判所が再度、文書の所持者、監督官庁へ意見がもとめられました。
所持者らからの回答の締め切りは8月31日となっています。

多くの方に傍聴に来ていただきただき、この訴訟の社会的関心の高さを示すとともに、未だ福島第一原発「事件」の被害は続いていることを裁判所に対してもアピールできればと思います。
周りの方にもお誘いのうえ、ぜひご参加してください。

期日後には報告集会&学習会を予定しています。
今回は、福島第一原発事故直後の数日間を、綿密な取材に基づいて描いた劇映画のシークレット上映会です。
福島第一原発事故から、5年しか経過していないのに、強制的な「帰還」、子どもたちの甲状腺検査の打ち切りの動き、「復興」の掛け声の下、声を上げられない理不尽な状況があります。
放射能による汚染は続いており、福島第一原発の汚染水放出も解決がほど遠いのは誰の目にも明らかではないでしょうか。

上映後は弁護団長の河合弘之弁護士と映画の製作者の橘民義氏との対談を予定しています。
ご期待ください。

この映画を見て、あらためて事故当時の記憶を辿っていただくとともに、東電株主代表訴訟における被告らの責任をあらためて考える機会になればと思っています。


スケジュール
9:30~ 原告によるアピール 台風上陸につき、朝のアピールは中止します。
  東京地裁正面玄関前(霞が関駅A1出口を出て裁判所に向かう通りの前辺り)
  ▼東京地裁
  東京都千代田区霞が関1-1-4
 (地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩3分)
  ▼地図
  http://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/tokyotisai/index.html

10:30~ 第27回口頭弁論期日
       東京地裁103号法廷


12:30~期日後の報告会&学習会『福島原発事故』を扱った映画のシークレット上映
 

※12:00~(予定)衆議院第2議員会館入口で通行証を配布します。

●会場:衆議院第2議員会館多目的会議室(定員:140名)
   (裁判所から地下鉄で1駅)
・映画上映
・対談:橘民義(映画製作)vs 河合弘之(映画監督、東電株主代表訴訟弁護団長)




プロフィール

NoNukes0311

Author:NoNukes0311
東京電力取締役の責任追及する:東電株主代表訴訟の公式ブログです。
裁判の報告や提出書面などをお知らせしています。

▼カンパのお願い
郵便局口座:00140-3-633169 「東電株主代表訴訟」

銀行口座:
城南信用金庫 新橋支店(普通) 4 8 0 7 8 2 「東電株主代表訴訟」
三菱UFJ銀行 多摩センター支店(普通)0229479「東電株主代表訴訟」


フェイスブック:https://www.facebook.com/tepcodaihyososho

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
日本と原発
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター