スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電株主代表訴訟学習会の報告

5月16日
第32回目の口頭弁論期日後の裁判報告後の学習会の報告をアップいたしました。


 今回の学習会は「原発事故の費用と負担」と題して、龍谷大学の大島堅一教授を迎え、大変有意義な時間を持つことができました。
 そもそも原発のコストは世代をまたぐほどの超長期で不確実なものであったのですが、福島原発事故後、原発の建設費用は高騰、核燃料サイクルも泥沼なのに継続で、コストはさらに拡大。
 事故処理費用は6年をへてなお拡大で、予想もつかぬ青天井。その負担を誰がするのか。事故を起こしたら起こした人が払うのが当然で、払えないなら「はい、それまで」となるはず。ところが福島原発事故直後の2011年6月14日に、「原子力事業者に対し……上限を設けず……何度でも援助し……」なんて政府の支援の枠組みが閣議決定されていたとは。この時期、福島県をはじめとする被災者たちはまだ混乱と不安のさなかにいたであろうに。東電救済のための政策はきわめて迅速なのです。
 そして負担の仕組み(電気料金・税による国民負担)は耽々と練られてきていました。大島先生は旧来の電力供給体制の第1段階から電力自由化後の第2段階と丁寧に説明されていましたが、私が乱暴に要約すれば「総括原価方式」から「託送料金」へとなります。
 この託送料金に、最近登場してきた「過去分」という何とも怪しげな言葉が入ってきます。「事故前に確保されておくべきであった賠償への備え」? 事故は起きないと言っていたのに? 新電力に押し付けるために「……過去に安価な電気を等しく利用してきたすべての需要家が公平に負担することが適当であり、そうした措置を講ずることが、福島の復興にも資する……」 
P4273923r.jpg 
 恥ずかしながら、私も「過去分」に腹を立ててはいても、「福島のためなら責任あるし、ただし再稼働は絶対許せない」と思っていました。しかし、「過去分」は過去分ではなく、東電・大手電力会社が支払うはずの賠償資金の一部なのです。
 事故を起こしたものがなんら責任を問われることなく多額の費用負担を消費者に強いる。「託送料金」は本来、送電部門の費用を回収するものです。それが情報公開もされず、チェックされることもなく、打ち出の小槌と化す。
 原発事故費用の負担については透明な場で議論すべきというのは全く正論です。被害もその費用も何から何までうやむやにして、訳が分からないから繰り返す。そんなことは許されません。
 費用負担の法制化はまだ決まったわけではないそうです。阻止するためにふんばりましょう。
(ねり)

【ご参考】
パブリックコメント募集中(6/5(月)まで)
「原子力利用に関する基本的考え方」策定に向けた御意見の募集について
案件番号095170510定めようとする命令等の題名-
根拠法令項-行政手続法に基づく手続であるか否か任意の意見募集問合せ先
(所管府省・部局名等)原子力政策担当室(川島、澄川)、電話03-6257-1315(直通)
案の公示日2017年04月27日
意見・情報受付開始日2017年04月27日
意見・情報受付締切日2017年06月05日
意見提出が30日未満の場合その理由
関連情報意見公募要領(提出先を含む)、命令等の案
スポンサーサイト

1月19日の第30回口頭弁論期日、報告&学習会の動画と感想

1月24日

1月19日の第30回口頭弁論期日を傍聴においでくださったみなさま、ありがとうございました。
その後の報告&学習会への参加もありがとうございました(一部の方には、会場の案内を間違えてしまい、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした)。
前回の期日と学習会参加のみなさまの感想をご紹介します。
また、Uplanさんが中継してくださいましたので、併せてごらんください。


・埼玉県 MHさん
去年の暮れに「文書提出命令却下」の記事を見てがっかりしていたが、今日その詳細が分かって益々この裁判に関心を持つようになった。

・府中市 KKさん
 海渡弁護士のお話は「事件」の流れを認識し直すよい機会になりました。
今後のことが早口になったのが残念。

・小平市 HTさん
たいへんありがとうございました。
“闘い”というのほんとうに苦しい日々の連続なのだなと改めて知らされました。
目前の共謀罪についても市民として阻止への学び及び活動をしていきたいと思っているところです。

・横浜市MUさん
報告集会前のミニライブが身に楽しかったです。
学習会での海渡さんのプレゼンは、東電を追い詰めつつある現状がわかり、とても有意義でした。
民事である東電株主代表訴訟と勝俣らが強制起訴された刑事裁判の両方で、東電(と役員ら)の責任を明らかにしてゆきたいと思います。



20170119 UPLAN【直前地裁前アピール・記者会見】東電株主代表訴訟・第30回口頭弁論

20170119 UPLAN【裁判報告&学習会】海渡雄一 東電株主代表訴訟・第30回口頭弁論



【今後の予定】
第31回 平成29年(2017年)3月2日(木)AM10:00* 東京地裁103号法廷
第32回 平成29年(2017年)4月27日(木)AM10:00* 東京地裁103号法廷
第33回 平成29年(2017年)6月1日(木)AM10:30 東京地裁103号法廷
*3月2日と4月27日は開廷時間が10時となります。ご注意ください。

第27回口頭弁論期日報告、感想

9月15日
先週8日は東電株主代表訴訟の第27回の口頭弁論期日でした。
期日後には報告会に続いての恒例の学習会は、映画「太陽の蓋」を上映。
上映後は製作の橘氏と東電株主代表訴訟弁護団長の河合弁護士の対談が行われました。
P9080972.jpg

参加者の感想と、Uplanの三輪さんからの映像を紹介します。



◆M.K.さん(さいたま市)
良い映画(「太陽の蓋」)をありがとうございました。
次回の学習会は、おしどりマコ&ケンさん達ということで、福島でも良かったので楽しみです。

◆T.I.さん(世田谷区)
よくぞ記録し映像にしてくださいました。
官邸内の様子、東電との意思の疎通の不完全さが伝わり、腹が立ち、悔しく、あらためて涙いたしました。
「まだ終わっていない」それは5年後も続いていることに向き合い、生きていくこと。これもあらためて思うところでありました。
この機会をいただき、感謝申し上げます。

◆M.I.さん(北区)
「太陽の蓋」自主上映、地域の友人たちと相談します!
実名で登場した政治家の皆さんがもっとも重く、今もトラウマの中にいるように思えてなりません。
“良心”心が痛む…。解放してあげたい。

◆I.S.さん(横浜市)
「太陽の蓋」を見せていただいて感謝!
私も最後の場面に同感!
お二人の対談に勇気づけられました。


なお、「太陽の蓋」製作の橘さんのインタビュー記事が明日9月16日発売の週刊金曜日(特集シン・ゴジラと核)に掲載されます。
併せてご覧ください。

7月7日期日と津田敏秀さん学習会の感想、動画

7月27日
東京は都知事選挙も終盤。
主要3候補のうち、脱原発政策を掲げているのは鳥越俊太郎さんだけのようです。

たいへん遅くなりましたが、前回の期日の報告と学習会の感想です。


★K.I.さん(品川区)
甫守弁護士のダンス、笑えました。今度、タップリ見せてください。
口頭弁論期日では、もう少しゆっくり話してもらえると良いと思いました。

★Y.K.さん(川口市)
津田先生の言われていることは「科学」に基づくことなのに、政治的に(?)ねじ曲げられていることが、よく理解できました。

★J.S.さん(豊島区)
津田先生の講義を聴きに来ました!!来て良かった!!
頭がパンパン。資料、よーく復習します!!
公開討論(特に山下俊一さん)を。




Uplanさんが録画中継してくださいました。
20160707 UPLAN【地裁前街宣・記者会見】東電株主代表訴訟第26回口頭弁論期日

20160707 UPLAN【裁判報告・学集会】津田敏秀(岡山大学大学院環境学研究科教授)「甲状腺ガンの多発と100ミリシーベルト閾値論」



津田先生の資料 クリックしてください。PDFが開きます。

イベント6月16日朝日新聞「吉田調書」報道 取り消しから考える

6月13日

以下、今週6月16日です。
東電株主代表訴訟も共催で、以下開催いたします。


パネル・デスカッションへのお誘い
「なぜ野良犬は政権にすり寄る」
「愛玩犬になっていくのか?キャイイ―ん!」
<朝日新聞「吉田調書」報道 取り消しから考える>
<ゲスト>
大場久昭(原発「吉田調書」報道を考える読者の会)
木村 結(東電株主代表訴訟)
斎藤貴男(フリージャーナリスト)

チラシはこちら

日時:2016年06月16日(木)19時~21時
開場は18時30分から
■会 場:スペースたんぽぽ
千代⽥区三崎町2-6-2ダイナミックビル4階
電話:03-3238-9035/FAX:03-3238-0797
JR⽔水道橋駅から5分くらいです。
■参加費:800円
■共 催:たんぽぽ舎、東電株主代表訴訟、原発「吉⽥調書」報道を考える読者の会

160616.jpg


皆さん、ご記憶のことと思います。朝日新聞は、東電F1の吉田所長の「未公開調書」を入手し、その内容を記事にしました。その吉田所長の証言内容は衝撃的でした。
メルトダウンした原子炉は、制御室でコントロール出来ないどころか、その場にいることは死を意味するということ、吉田所長は「何度も死んだと思った」「東日本崩壊の危機」を覚悟したと証言しています。
吉田所長は、武藤副社長と東電の試算した津波15.7mの対策を、一度は検討しながら見送る判断をした当事者です。彼が「死を覚悟した」のは、その状況からだけではなく、その責任の重さから現場を離れる訳には行かなかったのだと思います。
だから一度は出された「東電の撤退命令」をギリギリに「1F内に待機命令」に変えたのだと思います。この命令は無視されGMを含む大半の作業員は2Fに撤退しました。
これを「命令違反」と記事にしたのです。
この「吉田調書報道」を朝日新聞社は、「東電社員が逃げた」かのように「読者に間違った印象を与えた」ことを理由に「記事取消」をしたのです。「事実に反した」「虚偽の事実」「ねつ造」したからではないのです。何故なのか?

記事の問題提起は、
① メルトダウンのような事態が起きればコントロールはできない。
② 住民避難するような事態は、作業員もその場には居られない事態だということにもなる。
  つまり、大量の放射能に汚染される事故の場合、現場の事故対応を誰がするのか?
  事故処理をするのか?
  実際に自衛隊、消防、自治体職員らは現場からは「撤退」しています。東電も撤退を決めていました。
③ 第一義的責任は事業者にあるといっても、東電の作業員を現場に留める権限が吉田所長にあったのか?会社にあるのか?
④ GMを含む大半が2Fに撤退した後に、起きた火災には誰も対応できませんでした。
  逃げざる得ない状況で、誰を残すのか?選択は誰がするのか?法令上の問題もあります。
⑤ 法的整備、作業員の装備など未整備のままです。米国には、原子力災害に対応する専門部隊がありますが日本にはありません。
川内でも、高浜でもこの問題は全く解決されていません。
政府は、このころ再稼働に向けて懸命でした。そこへ1F事故原因も、事故経過も、事故対応も、何も問題解決していないとの記事で蒸し返されては・・・プロメテウスでも目障りな記事を書き・・・何とか封じ込む必要がありました。
サンケイ、読売はどこからか?「吉田調書」を入手し、朝日「誤報」キャンペーンを打ったのです。
朝日の調査報道チームは狙われていたのです。「記事取消」以降、朝日の調査報道はありません。プロメテウスも腰砕けになり終了しました。
第一次安倍内閣は、マスコミに攻撃され入院、内閣崩壊にまで至った経験から、第二次安倍は、当初よりマスコミ対策を強力に進めました。NHKをはじめとして朝日はその頂点だったと言えます。その後は、反権力ではなく中立キャスターまでも降板するという事態になっています。
それらの過程と現状をパネルデスカッションしますので、是非お集まりください。



吉田調書報道の問題点については、ブックレット「吉田調書報道とは何だたのか」を彩流社より出版しています。壱壱花さんの漫画で、解り易く読みやすいブックレットになっています。
是非、申し込みご購読ください。当日、たんぽぽ舎で販売します。
プロフィール

NoNukes0311

Author:NoNukes0311
東京電力取締役の責任追及する:東電株主代表訴訟の公式ブログです。
裁判の報告や提出書面などをお知らせしています。

▼カンパのお願い
郵便局口座:00140-3-633169 「東電株主代表訴訟」

銀行口座:
[New]城南信用金庫 新橋支店(普通) 4 8 0 7 8 2 「東電株主代表訴訟」
三菱東京UFJ 銀行 多摩センター支店(普通)0229479「東電株主代表訴訟」


フェイスブック:https://www.facebook.com/tepcodaihyososho

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
日本と原発
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。