学習会「本当に東電は無過失なのか-中部、東北電力との違いを考える」

5月29日

次回期日後の学習会の詳細が決まりました。
以下、改めてご案内します。
先週の福井地裁の大飯原発差止訴訟勝訴を受けて、東電株主代表訴訟への問い合わせも頂いています。
多くの方に傍聴に来ていただきただき、この訴訟の社会的関心の高さを示すとともに、未だ福島第一原発事故の被害は続いていることを裁判所に対してもアピールしましょう。
周りの方にもぜひご紹介してください。
(一番下に、チラシをアップしました)
6月19日第11回口頭弁論期日&報告・学習会

福島原発事故は「原発」がすべての人びとにとって死活問題であることを教えてくれました。
大飯原発3、4号機運転差止判決は福島事故を経験したことを考えれば、至極真っ当な判決でした。
それを「画期的」と言わなければならない現状にあることが、日本の悲劇なのです。
朝日新聞がスクープした「吉田調書」でも原発事故直後の東電の対応のずさんさと、危機に対応出来ない所長や運転員の姿が明らかにされています。
今後株主代表訴訟では、ひとりひとりの取締役がいかに地震・津波対策を怠り福島事故を招いたかを追求して行きます。私たちの訴訟の役割が益々重要となってきました。
ご支援をお願い致します。
040619.jpg
 
イラスト:チラシより

スケジュール
 9:30~  原告によるアピール 東京地裁正面玄関前
  ▼東京地裁
  東京都千代田区霞が関1-1-4
 (地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩3分)
  ▼地図
  http://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/tokyotisai/index.html

10:30~ 第11回口頭弁論期日
       準備書面(7)の客観的事実に対する東電(補助参加人)の反論予定
       東京地裁103号法廷

12:30~14:3016:30 期日後の報告会&学習会
  12:30~報告会:被告(補助参加人)側の反論の内容について
  *報告会と学習会の間に飛び入り漫談アリ*
  13:00~学習会:
  本当に東電は無過失なのか-中部、東北電力との違いを考える
  講師:町田徹さん
  http://www.tetsu-machida.com/
 1960年大阪生、日経新聞記者を経て2004年独立。日興コーディアル証券『封印されたスキャンダル』で雑誌ジャーナリズム大賞、ハゲタカファンドを書いた『行人坂の魔物』『JAL再建の真実』など著書多数。「東電国有化の罠」(ちくま新書)、最近の著書『電力と震災-東北「復興」電力物語』では、東電と東北電力の経営理念DNAの違いが事故を分けたことを指摘している。
会場:参議院議員会館B109号室(地裁より地下鉄で1駅) 

大きな地図で見る

▼チラシ
https://db.tt/t7FdCZCj(オモテ)
https://db.tt/A2fjPNZT (ウラ)
プロフィール

NoNukes0311

Author:NoNukes0311
東京電力取締役の責任追及する:東電株主代表訴訟の公式ブログです。
裁判の報告や提出書面などをお知らせしています。

▼カンパのお願い
郵便局口座:00140-3-633169 「東電株主代表訴訟」

銀行口座:
[New]城南信用金庫 新橋支店(普通) 4 8 0 7 8 2 「東電株主代表訴訟」
三菱東京UFJ 銀行 多摩センター支店(普通)0229479「東電株主代表訴訟」


フェイスブック:https://www.facebook.com/tepcodaihyososho

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
日本と原発
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター