FC2ブログ
2011年3月11日の東京電力福島第1原発事故を起こした東京電力。取締役の個人責任を徹底的に追及する東電株主代表訴訟。株主代表訴訟ですべての原発を廃炉に!
プロフィール

NoNukes0311

Author:NoNukes0311
東京電力取締役の責任追及する:東電株主代表訴訟の公式ブログです。
裁判の報告や提出書面などをお知らせしています。

▼カンパのお願い
郵便局口座:00140-3-633169 「東電株主代表訴訟」

銀行口座:
城南信用金庫 新橋支店(普通) 4 8 0 7 8 2 「東電株主代表訴訟」
三菱UFJ銀行 多摩センター支店(普通)0229479「東電株主代表訴訟」
ゆうちょ銀行 019(ゼロイチキユウ)支店(当座)0633169「東電株主代表訴訟」

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

11月10日

 前回期日の報告です。最後に、期日前の原告アピールの様子、記者会見の動画をアップしています。Uplanさん、いつもありがとうございます。


 爽やかな秋晴れに恵まれた当日、第36回口頭弁論が午後4時半から始まった。双方の準備書面等の確認から始まった約20分の過程のなかで最も一同の関心を引いたのは次の2点――証人調べの今後の進行と、刑事裁判の書証について原告・被告代理人の間で緊迫(?)の話し合いがあったこと――であった。被告らの毎度おなじみの言い訳である“想定外の天災の最中に発生した福島原発事故の予見や回避は不可能だった”は回を追うごとに破たんしてきたが、その言い訳の綻びは今後更に広がることだろう。証人調べと刑事事件の書証の詳細は以下の通り:
 

今後の証人調べについて

 今回口頭弁論で、元東電経営陣の被告勝俣、被告清水、被告武黒、被告武藤、被告小森と、東電従業員の酒井俊朗氏、高尾誠氏の当訴訟での証人調べの可能性が高まったように筆者には感じられた。なお、酒井、高尾両氏は東電の土木グループのメンバーで、特に高尾氏は原発事故前に福島沖の巨大津波発生予測や対策について東電経営陣に幾度となく説明していた人物だ。もし証人調べが実現すれば、証人のうち誰が一番で、それに続く証人が誰かは、刑事裁判の進展次第で決まっていくことになろう。
 海渡弁護士によれば、来年1月と2月の刑事訴訟の証人尋問の流れを追うようになるため、当訴訟での最初の証人調べは来年4月以降となりそうで、被告清水、被告小森の証人調べが実現すれば、彼らは刑事訴訟の被告人ではないので、当訴訟が彼らの証言を聞ける唯一の機会となる、という。そして、他の証人たちの刑事、民事の両法廷での証言を聴き比べていただければ、と続けた。2018年は当訴訟関係者ばかりでなくあらゆる原発訴訟関係者にとって正念場の年になりそうだ。

刑事事件の書証について

 先に述べたように、今後の証人調べは刑事裁判の進展を追うように進むもようで、その際には刑事訴訟の文書が重要な裏付け資料としての役目を大いに果たすであろう。文書はプライバシー・秘密保護の観点から一部黒塗りとなるが、過剰な隠ぺいとならぬように願いたいものだ。

記者会見

 海渡弁護士から期日の概要説明があった。証人の具体名があげられたこと、その出廷順番は未定であること、刑事裁判の進行状況に差支えのない範囲で関係文書が当訴訟でも検証されるであろうことなどが、本日の大きな進展として報告された。

 今回期日は午後4時半からだったので、司法記者クラブでの記者会見以外の行事(報告会、学習会)は行われなかった。



 筆者は原告としてあの過酷事故を振り返るたびに、割り切れない理不尽さを感じます。原発事業者たちなどは国策の名のもとに数々の恩恵を受け十分保護されているのに、福島原発事故被害者は軽んじられ捨て置かれ、事故の記憶の風化だけが粛々と進んでいるではないかと。私たち原告はその流れに抗い、被告らが運命のあの日に至るまで何を知り、何を知らず、何をし、何をしなかったのか、そしてその理由や目的は何か、を切に知りたいと願っています。私たちの法廷での闘いはまだまだ続きます。ぜひご注目ください。今年度の期日予定は下記のとおりです。

2017.12.21(木曜日) 午後1:30~ 
2018.2.1 (木曜日)  午前10:30~          
2018.3.22(木曜日) 午前10:30~

*会場はいずれも東京地裁第103号法廷です。
**いずれも期日後に報告会・学習会を議員会館で開催する予定です。(会場の正式決定は一か月前です。東電株主代表訴訟のブログでご確認ください。)      
***12.21の学習会は山崎久隆さん(原告・たんぽぽ舎)の講演「福島第一のいまと東電問題、どんな問題が何処にある?」を予定しています。         
(原告 加藤)

20171026 UPLAN 東京電力株主代表訴訟第36回口頭弁論期日
2017/11/10 17:53 未分類 TB(0) CM(0)
Twitter
facebook
リンク
QRコード
QR
東電刑事裁判不当判決
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします