「東電テレビ会議 49時間の記録」報告

3月6日

 先週2月27日に開催した原子力ムラはご招待!?東電社員も国会議員もどうぞ「東電テレビ会議 49時間の記録」上映会ですが、雨の中、口頭弁論期日も取消になり、主催者としては心配していましたが、多くの方にお越しいただきました。
あらためて感謝申し上げます。
簡単なご報告と会場からの感想の声等をご紹介します。

 冒頭に裁判の経過と口頭弁論期日が取消になった説明を只野弁護士が行いました。
東電テレビ会議記録が不十分ながらも公開に至ったのは、私たち東電株主代表訴訟での証拠保全の申立がきっかけであること、世界最大の原発「事件」の証拠として、事故の再発を防ぐための国民的共有財産であると主張したことによる等、河合弘之弁護士が挨拶の中で語りました。

140227tadano.jpg
                 只野靖弁護士

なお、解説をしてくださった木村英昭さんがご紹介したのは、以下の本です。

▼福島原発事故 東電テレビ会議49時間の記録
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/0/0246860.html
▼福島原発事故 タイムライン2011-2012
https://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/2/0246850.html

一般の書店等でも取り扱っています。

会場からの感想の声等

・今日は映画を観ることができて本当に良かったです。これはすべての人が観て知ってほしいと思いました。これからの未来のために。

・観てもよくわからない。しかし観る前よりは分かったと思う。

・断片的には観ていましたが、時系列でみることができ。流れが良く観えてきました。

・こんな人たちが原発を動かしていたのかと思うと恐ろしくなった。

・原発事故を解決すべき指示を出すと責任的立場の東電本店の対応が幼すぎる。全くの人災であり、東電は原発を捜査する能力はない。許せない。東電は他人や業者に頼りすぎる。

・やはりこの動画はDVD化してほしい。

・映画を観て、衝撃でした。私たちが吹雪の中を逃げ惑っていたときに、こんな会話がかわされていたのか…と。
今日、元原発作業員の知り合いも観に来ていました。作業する側にいたら、物凄い恐怖なのだ、なんでみんな笑って観てるんだ!と言っていました。観に来て良かったです。映画会の開催ありがとうございました。福島でもやりたいです。
※東電の対応に呆れて、何度か客席から笑いが起こったこと。


・東電テレビ会議の保存が決定されたそうで、みなさまのご尽力に厚くお礼申し上げます。上映運動を各地でしても成功しそうですね。声も出ないほどの衝撃でした。メディアを通じて情報を得るのではなく、直に当たることの大切さをつくづく感じました。

・緊迫感があってよかった。

・ずっと観たいと思っていたので、上映会を開いていただいて感謝です。いかに「大事故」の想定を東電が何も考えていなかったのか、いかに無策であったかが露呈している。ある意味それに尽きます。ものすごく大変な事態なのに、緊迫しているはずなのになんとなくヒトゴトふうに見えるのは何なのだろうなあと思いつつ見ました。

・やはり大画面と思いました。大勢で共有できました。

・今日は来て本当に良かったです。ありがとうございました!!すばらしいフィルム、みなさまのご努力に感謝と敬意を表します。

・前回より音声が聴きやすくなったと感じます。観るたびに発見があり(たった2回ですが)また是非観たいと思います。

・知人・友人に見せたい。本も読みたい。

・約1時間も遅れて拝見しましたが、非常に興味深く見ました。ぜひ多くの人たちにも見てもらいたい映像だと思います。脱原発の流れを風化させないためにも必要な資料かと…。

・第一原発事故時のことが初めてわかりました。広めたいですね。

・(他の用事で開始の一時だけでしたが、お許しください。)株主代表訴訟の裁判経過説明、スタッフの方のお骨折り、緊迫した映像よかった、今後も原発ゼロまで頑張りましょう。ありがとうございました。

・大変貴重な映像を観る機会を得られてよかった。一人でも多くの人にみてほしい。政治家、経済人、官僚、学者、マスコミも含めて一般市民に。学校でも子どもたちに見せよう。

・大変な画像をよく編集してくださいました。現場の状況を本当に理解していない組織の上層部の発言、意見には腹立たしい思いですが、なんと言っても、こんな巨大システムを安全に完全に制御するための訓練がなされていないことに問題がある。想定されうるあらゆるトラブルに対処する方法が考えられていたのだろうか。今までにも他国の事故が起きた時、日本では「そんなことにはならない」と言う。事故に正面から向き合おうとしない姿勢がある。技術者は分っていたのにそれを阻む力があるのだろう。最後のまとめ、木村英昭さんの「二次情報に惑わされるな」を肝に銘じたい。

受付票に書いてくださった感想から、いくつか紹介させていただきました。
感想を書いてくださったみなさま、ありがとうございました。



上映会の問い合わせは
アワープラネットTVの(「東電テレビ会議 49時間の記録」自主上映について)へお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NoNukes0311

Author:NoNukes0311
東京電力取締役の責任追及する:東電株主代表訴訟の公式ブログです。
裁判の報告や提出書面などをお知らせしています。

▼カンパのお願い
郵便局口座:00140-3-633169 「東電株主代表訴訟」

銀行口座:
[New]城南信用金庫 新橋支店(普通) 4 8 0 7 8 2 「東電株主代表訴訟」
三菱東京UFJ 銀行 多摩センター支店(普通)0229479「東電株主代表訴訟」


フェイスブック:https://www.facebook.com/tepcodaihyososho

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
日本と原発
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター