経営者の責任を問う/『週刊金曜日』

4月14日-2

野田政権は大飯原発の安全性を確認したとして、再稼働を妥当と判断した。
今朝の朝日新聞の竹内敬二編集委員は「国民の不安 置き去り」として、もはや信頼を失った「原子力体制」を批判している。

現在発売中の週刊金曜日最新号(4月13日号)の特集は「東京電力放射能汚染事件 経営者の責任を問う」
原発「事故」ではなく、「事件」なのだ(と当時から怒りを覚えていた)。

ここで、「東電役員を訴えることで日本を変える」として、私たち東電株主代表訴訟の代理人である河合弘之弁護士と佐高信編集委員が対談しています。

なぜ、私たちは株主代表訴訟を起こしたのか、訴訟によって、経営者の個人責任を追及する意義とともに、河合弁護士の思いが伝わる内容です。
他に、福島から刑事責任追及の声(明石昇二郎)、東電解体して発送電分離を(諸富徹)等など。

ひとりでも多くの方に読んでいただき、訴訟への支援の輪が広がることを願っています。


週刊金曜日公式サイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NoNukes0311

Author:NoNukes0311
東京電力取締役の責任追及する:東電株主代表訴訟の公式ブログです。
裁判の報告や提出書面などをお知らせしています。

▼カンパのお願い
郵便局口座:00140-3-633169 「東電株主代表訴訟」

銀行口座:
[New]城南信用金庫 新橋支店(普通) 4 8 0 7 8 2 「東電株主代表訴訟」
三菱東京UFJ 銀行 多摩センター支店(普通)0229479「東電株主代表訴訟」


フェイスブック:https://www.facebook.com/tepcodaihyososho

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
日本と原発
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター