FC2ブログ

第43回口頭弁論期日 動画・感想など

11月1日

いよいよ今年も2か月を残すばかりとなりました。
前回第43回口頭弁論期日、報告&学習会参加者の感想をご紹介いたします。
傍聴や集会に参加してくださったみなさま、あらためてありがとうございました。
感想の下に動画をアップしています。併せてご覧ください。
Uplanさん、いつもありがとうございます。

KSさん(東京都江東区)

(学習会で大石さんの話を伺い、)日本原電の経営内容を聞いて“あぜん”としました。とても勉強になりました。今後は原発プラントメーカー日揮の実態も明らかにしたいですね。

KIさん

大石さんのお人柄が伝わってきました。当事者意識を持つことが大事、という言葉が印象に残りました。

KSさん(神奈川県川崎市) 

大石氏のお話で東海第二原発の認可に関わる規制委員会のいい加減さ、東電の資金援助のあり方のひどさがよくわかった。原子炉等規制法に申請する事業者に「経理的基礎があること」とあるのに、その条文に反する判断を下す規制委は誰が考えてもおかしい。また、東電と東北電2社で支援する1740億円が20年間の延長稼働で回収できないのがわかっていても出すおかしさ。経産省も東電も国民の税金に対する無責任さに、国民は怒りをぶつける必要がある。この裁判でも原電への損失が明らかなことも含め新たな責任追及に加えてはどうか?現経営陣への責任を問うことになるが。
(事務局注:被告も請求内容も異なるので、この裁判(東電株主代表訴訟)や大石さんが原告になっておられる東海第二原発運転差止請求訴訟に追加することは出来ません。なお、原告有志で、執行役らの日本原電への資金援助の差止仮処分を申請しています)

20181025 UPLAN【街宣・記者会見・報告集会】東電株主代表訴訟第43回口頭弁論期日


 

20181025 UPLAN【報告集会・勉強会】大石光伸「規制委ー経産省ー東電の茶番」 


10月25日第43回口頭弁論期日提出書面など

10月31日

先週第10回口頭弁論期日は傍聴、報告&学習会へのご参加、ありがとうございました。
提出書面をアップします。

提出(陳述)書面等

原告: 文書提出要請7補充書⑵…原告ら平成30年3月9日付け文書提出要請書7「第2 リスク管理委員会及び原子力リスク管理会議について」記載の文書の必要性等について等
提出書証…甲293の1証人尋問調書(第11回公判 島﨑邦彦証人)甲293の2証人尋問調書(第12回公判 島﨑邦彦証人)甲293の3 「証人島崎邦彦に示す証拠一覧表」(指定弁護士提示資料)甲293の4「島崎邦彦証人 弁護人提示資料」(写し)
甲294の1証人尋問調書(第13回公判 都司嘉宣証人)甲294の2証人尋問調書(第14回公判 都司嘉宣証人)甲294の3「証人都司嘉宣に示す証拠一覧表」(指定弁護士提示資料)甲294の4「[講演要旨]慶長16年(1611)三陸沖地震津波の発生メカニズムの考察」(弁護人提示資料)
甲295の1証人尋問調書(第15回公判 今村文彦証人)甲295の2「証人今村文彦に示す証拠一覧表」(指定弁護士側提示資料)甲295の3「今村文彦証人 弁護人提示資料」(写し)
被告(勝俣恒久,清水正孝):特になし 
被告(小森明生,武藤栄,武黒一郎):特になし
補助参加人第27準備書面…第26準備書面に引き続き、原告ら準備書面(31)、(33)における結果回避可能性に関する主張に対する反論
IMG_1368.jpg

期日後の記者会見(司法記者クラブ)

次回期日等

12月6日(木)午後2時00分 口頭弁論期日(東京地方裁判所103号法廷)
2019年1月31日(木)午前10時30分 口頭弁論期日(東京地方裁判所103号法廷)

10月25日10時半 いよいよ刑事裁判尋問が証拠提出へ!第43回口頭弁論期日

10月9日
次回の口頭弁論期日についてお知らせいたします。


10月25日(木)10時半 第43回口頭弁論期日 

▼チラシ(以下、PDFファイルが開きます)
181025.jpg 

 3・11東京電力福島原発「事件」から8年目に入りましたが、事件は未だ収束にはほど遠い状況にあります。今なお10万余の人々が避難生活を強いられています。

前回の9月の口頭弁論期日において、文書送付嘱託の申立の一部が採用されました。すなわち、

(1)高尾誠氏(東電・土木グループ(後に土木調査グループ)の課長)の尋問調書(添付資料を含む)、(2)酒井俊朗氏(東電・土木グループ(後に土木調査グループ)のGM)の尋問調書(添付資料を含む)、(3)金戸俊道氏(東電・土木グループ(後に土木調査グループ))の尋問調書(添付資料を含む)、(4)堀内友雅氏(東電・土木技術グループ)の尋問調書(添付資料を含む)、(5)久保賀也氏(東電設計)の尋問調書(添付資料を含む)、(6)安保秀範氏(日本原電・東海第二原発の津波対策を検討・実施)の尋問調書(添付資料を含む)、(7)島崎邦彦氏(地震学が専門。元原子力規制委員会委員長代理,地震調査研究推進本部長期評価部会長)の尋問調書(添付資料を含む)、(8)都司嘉宣氏(歴史地震学が専門。地震調査研究推進本部長期評価部会委員)の尋問調書(添付資料を含む)、(9)前田憲二氏(文部科学省・地震調査研究推進本部事務局)の尋問調書(添付資料を含む)、(10)今村文彦氏(津波工学が専門。福島第一原発のバックチェック審査担当)の尋問調書(添付資料を含む)が採用されました。今後、準備でき次第、本件で提出予定です。

 また、これらの尋問が行われた、東電株主代表訴訟と姉妹関係ともいうべき、本件でも被告の勝俣氏、武藤氏、武黒氏を被告人とする東電福島第一原発業務上過失致死傷事件の刑事公判ですが、報道によると、10月16日の公判期日からいよいよ被告人質問が始まります。今までの裁判の経緯を、東電株主代表訴訟とともにご注目ください(福島原発刑事訴訟支援団のサイト)。


 事故から8年目に入りました。。多くの方に傍聴に来ていただき、この訴訟の社会的関心の高さを示すとともに、未だ福島第一原発「事件」の被害は続いていることを裁判所に対してもアピールできればと思います。周りの方にもお誘いのうえ、ぜひご参加ください。


 期日後には、首都圏に最も近い原発である、東海第二原発の運転差止めを求めている、東海第2訴訟差止訴訟原告団共同代表の大石光伸さんをお迎えして、裁判の動き、東海第二原発周辺自治体の状況など伺い、私たちにできることは何か、考えます。東海第二原発については、原子力規制委員会は9月26日に「審査書」を了承しましたが、その内容はあまりにも杜撰です。東京電力は東海第二原発所有の日本原子力発電への経済的支援を約束しています。しかし、今なお国から支援を受けながら生きながらえている東京電力が、被害者への賠償をケチりながら、破綻会社である日本原子力発電に対し莫大な額を支援することについては大きな批判が広まっています。東電株主代表訴訟の原告有志は、この東電の行為について、役員らの違法行為に当たるとして、代表執行役の小早川智明氏及び文挾誠一氏に対して、差止仮処分を求めています。


9:30~ 原告によるアピール

東京地裁正面玄関前(霞が関駅A1出口を出て裁判所に向かう通りの前辺り)
▼東京地裁
東京都千代田区霞が関1-1-4(地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩3分) 
▼地図

10:30~ 第43回口頭弁論期日

        東京地裁103号法廷

12:30~ 報告会&学習会 「東京に一番近い原発『東海第二原発の今』(仮)」

※12:00頃より、ロビーで通行証を配布します。※※予約等不要、参加費等無料

弁護団より、裁判報告。学習会講師:大石光伸さん(東海第2原発差止訴訟原告団共同代表)


●会場:衆議院第一議員会館 国際会議室地下・裁判所から地下鉄で1駅/徒歩約15分)

第42回期日報告

10月12日
前回の期日の報告をアップします。

第42回期日報告

                                                            木村結
 株主代表訴訟は42回目の口頭弁論を迎えた。2011年に提訴を決めてから7年。年間6回、2ヶ月に1回のペースで進んでいることになる。ペースアップのために被告を減らしたにもかかわらず、裁判が長引いているのにはいくつかの理由がある。被告側が5人の被告だけでなく、本来なら株主である私たち原告につくべき東電が被告に補助参加しており、出席弁護士だけで毎回13人と多く、なかなか口頭弁論の日程がすんなり入らないという事情が大きい。裁判長が期日を打診すると、「差支え」と異議を唱える弁護士集団。その上、原告の準備書面に対する反論がなかなか出てこない。今回も裁判所から「結果回避可能性について、非常用電源設備やタービンを高所に配置していた場合」を提出するよう言われてから「出す出す」詐欺を繰り返し、ようやく次回10月23日の進行協議期日前に最終提出すると言っていた進行協議期日での前言をまたもや翻して「資料が膨大なので間に合わないかもしれない」と言い出す始末。
 東電には、整理できないほどの資料がまだ隠されていることが明らかになったわけで、東電に都合の良い組み立てをするためにどの資料を使えばよいかを操作している最中でそれに時間がかかる、または船頭が多いので方針がまとまらない。もしくは、多くの裁判を抱えているので、他の裁判との整合性を取るのに時間がかかっている、ということなのだろう。いずれにしても、日本の民事裁判は原告に不利なこと極まりない。資料を保有しているのは被告側であるのに、何も持たない原告が立証しなければならないのだから。
  同時進行している刑事裁判で明らかになった供述調書や証人尋問調書を裁判所が送付嘱託に応じてくれて、こちらの裁判で使えるようになったことは大きい。これは他の原発事故被災者損害賠償請求訴訟の裁判でも証拠として使える可能性が広がったわけで、大きな追い風となる。
  学習会は、映画『わたしの、終わらない旅』の上映と、監督・坂田雅子さんと木村結とのトークだった。坂田雅子さんは、アメリカ兵であったグレッグさんと結婚した際、ベトナム戦争に従軍して枯葉剤を浴びたため子どもはできないかもしれないと言われる。グレッグさんは15年前に死亡し、雅子さんは「なぜ?」という言葉に導かれてベトナム、そして米兵の家族にも取材し、『花はどこへいった』『沈黙の春を生きて』を製作。そして、上田市で薬局を営んでいた母親が、原発反対のガリ版刷りのプリントの配布をしたのは「なぜ?」を描いていった映画が『わたしの、終わらない旅』。ネットにアップされている対談を是非ご覧いただきたい(対談は50分から始まります)。

  裁判は佳境に入りましたと何度も言いましたので、傍聴の皆様には「やるやる」詐欺のようで心苦しかったのですが、今度は本物です。裁判長も10月25日(木)の後に12月6日(木)、と期日を入れてやる気です。今後の展開に期待し、引き続き傍聴をお願いします。103号法廷をいっぱいにして、原告と市民の意欲と期待を示したいと願っています。
なお、口頭弁論はいつもは10時30分開始ですが、12月6日は14時開始です。お間違いにならぬようご注意ください。

第42回口頭弁論期日 動画・感想など

9月21日
第42回口頭弁論期日、報告&学習会参加者の感想をご紹介いたします。
傍聴や集会に参加してくださったみなさま、あらためてありがとうございました。

★T.S.さん(千葉県我孫子市)

・最大の汚染源は「お金」とのことばに慄然。
・原子力利用の発端は軍事用であった。「強い国にしたかった。」
・太古の昔から攻略してきた人類だが、核による戦争は、人類の生存を保障できないことを知った今、核戦争は回避するようになった。しかし平和利用の名の下で原発を捨てない日本。第五福竜丸事件、フクシマを経験した日本こそが、核なき世界をリードすべき。考えを改めるチャンスを逃してはならない。
歴史をたどりつつ大切なことを教わりました。感謝します。

★K.S.さん(神奈川県川崎市)

この映画は核兵器と原発がまさに一体のものであることを、あらためて明らかに描いてくれた。フランスでの再処理施設の害・米国のマーシャル諸島周辺での核実験の歴史を、あらためて振り返れた。あまり知らなかった旧ソ連での核実験の実態、それぞれの住民、一般市民への被害も知らされた。
国内外の過去の映像を、よくこれだけ集め、構成されたと感心する。編集の苦労は大変なものだったろう。

★Y.N.さん(群馬県高崎市)

ビキニ・マーシャル諸島への愛情、多くを学ばせていただきました。日本の使用済み核燃料の再処理工場、仏・アレバ社。気になっていましたが、初めて現実を学ばせていただきました。

★M.Y.さん

映画も坂田さんのお話しも2度目です。再度、映画を観ると、思いを更に感じることがあります。今回、坂田さんのお話をじっくり聴くことができました。
坂田さんの他の作品も見たい、新しい映画「モルゲン明日」も観たい。


20180913 UPLAN東京電力株主代表訴訟第42回口頭弁論期日


プロフィール

NoNukes0311

Author:NoNukes0311
東京電力取締役の責任追及する:東電株主代表訴訟の公式ブログです。
裁判の報告や提出書面などをお知らせしています。

▼カンパのお願い
郵便局口座:00140-3-633169 「東電株主代表訴訟」

銀行口座:
[New]城南信用金庫 新橋支店(普通) 4 8 0 7 8 2 「東電株主代表訴訟」
三菱東京UFJ 銀行 多摩センター支店(普通)0229479「東電株主代表訴訟」


フェイスブック:https://www.facebook.com/tepcodaihyososho

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
日本と原発
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター